ガロン実行委員会

iokksnm.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 21日

ガロン第2回展「日本背景」のお知らせ

d0170656_13532124.jpg


ガロン第2回展の概要をお知らせします。

第1回展より引き続き、出品作家はグループ・ガロンから、市川裕司、大浦雅臣、金子朋樹、佐藤裕一郎、松永龍太郎の5名。企画は小金沢智。第1回展に出品した西川芳孝は本人の意思により、今回出品いたしません。

今回は会場である和洋折衷の旧田中家住宅(埼玉県川口市)に合わせ、日本画だけではなく、陶芸、鋳金、染織、木彫から4人の作家にゲストとして参加していただきます。また、ガロンメンバーとのコラボレーションも予定しています。

ゲスト4名は、金理有(陶芸/1980年生まれ)、後藤雅樹(鋳金/1980年生まれ)、前川多仁(染織/1974年生まれ)、山本麻璃絵(木彫/1988年生まれ)の各氏。ガロンのメンバーとも同世代の、70年代から80年代生まれの作家です。

日本画と同様、芸術と工芸の価値観の間で揺れ動いている各ジャンルの中から、アクチュアルな仕事をしている4人に声をかけました。金理有氏は金子朋樹と茶室で、後藤雅樹氏は佐藤裕一郎と洋室で、前川多仁氏は松永龍太郎と和室でのコラボを予定(なお、大浦雅臣は和室で雛人形とのコラボ!)。

1873年ウィーン万国博覧会日本政府出品を機に外国語を訳出して作られた「美術」。誕生の段階から他者とのハイブリッド性を前提としている日本美術の現在地を、大正12年に洋館ができたのち、昭和10年に和館を増築している旧田中家住宅でご覧いただきます。

各表現から日本の背景が見えてくるガロン第2回展「日本背景」展は、埼玉県川口市旧田中家住宅にて、2012年2月14日(火)から3月18日(日)まで。2月18日(土)には、展覧会関連の座談会と、その後オープニングレセプションを予定。ぜひ今からご予定ください。

展覧会概要
[PR]

by galllllllon | 2011-11-21 13:57 | 第2回展